<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
やはり一度読んでおくべきか。
☆Look at Star! vol.15

本日発売。

少し買い控えようと思っていたのに、ついまた買ってしまった。写真はまぁ最近のだからそう問題ないし(笑)、Naoさんとのバランスを見ておきたいって言ったってこれまでにもいくつか見てるから。

いや、もちろん対談はとても良かったんだ。見るのが楽しみになるような。Naoさんはすごく真面目に取り組んでるし、山本くんももうL5Yの本質を掴んでるみたいだし、、。

でもこの内容なら私としては本屋で済ますはずだった。

しかし、最後の最後に罠が。

『おすすめの一冊』というコーナー
お勧めの本がドラゴンボールなのはどうでも良いんだよ。想像はついていた。
ただあんた、、、、そんなことにも、、、。
元の台詞が全部入ってるんだ、、、、、。
へぇ~。そりゃあすごいねえ。

と軽くショック状態に陥りそのままままレジに。

何だかなあ。ネタ好きの私はこういうのは買っちゃうんだよ。

やはり一度原作を読んでおかなければならないような気分になってきた。。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-27 21:41 | 私の好きなものとひと
ふと思い立って最近シリーズ
☆最近面白いCM
もしもサボテンにIntelが入っていたら。
「あいてっ」「あいてっ」
べただとわかっていても大爆笑。

☆最近面白かった会話
とあるファーストフード店にて男子高校生の会話が耳に、、、。
「やっぱ恋愛映画って言ったらローマの休日だよな」
「ラブ・アクチュアリーも良いぜ」
「やっぱハッピーエンドが良いよな」
へぇ~。

☆最近傷ついた言葉
「山本くんっていかにも舞台の人って感じで下手だよね」(by妹)
ぐさっ。良い反論の言葉を思いつかなかった私自身にも凹んだ。

☆最近損したと思った買い物
姪っ子に買ったシナモンロールのバスタオル3000円也。
高すぎる。素材は大したことないのに。

☆最近やらかした失敗
金曜日に寝坊。朝起きたら9時50分、、、、。
本日目覚まし時計を1個買い足しました。

☆最近、というか今日驚いたこと
近くに?1m程のサルが逃げているらしい。

☆最近お気に入りの食べ物
ブドウ糖。

以上(別館からの転載)
[PR]
by kage_cha | 2005-06-26 17:52 | ひとりごと
愛知旅その11 ~まとめなど~
まとめなど。

★公式サイト★
愛・地球博公式サイト

★万博へのアクセス★
名古屋駅からのアクセス方法は色々あります。EXPOシャトルだけではない。

参考サイト:愛・地球博 アクセスガイド(駅探)

★お勧め★
・ホテルはとにかく早めに予約すること。しかし週末に関してはもう万博開催期間中は予約でほぼ埋まってるとのことだったけど。
・朝一と、夕方以降に見るパビリオンはよく検討するべし。並んででも見たいものはここに配置するのが良いと思われる。
・↑の意味で、事前に時間指定で予約がとれるなら、昼間(12:00-15:00)をとるのが良いかと。なお、予約に関しては、1つとったら他はとれないとか次をとるにも2時間間をあけなければならないとか、制約事項があるのでその辺も注意すべし。

参考サイト:
予約トップ(公式)
予約一覧(公式)

・食事の時間、土産物購入の時間はずらすに越したことはない。名古屋駅周辺のオフィシャルグッズ販売店を見て回ったが、やはり万博で買う方が品数も圧倒的だし後悔しないと思う。もし余裕があるなら前日に名古屋駅の松阪屋でお菓子などの品揃えをチェックしてから万博に行くこと。そうすれば後悔はないはず。
・昼寝はお勧め(笑)。但しお上品な方、気の弱い方は無理。ずうずうしいという自覚のある方は是非。家族で行くなら、パパにお勧めすると喜ばれるはず。疲れたと言い出したら、ここに押し込んでおくのも有効。
・キッコロ・ゴンドラはおそらく南から北への移動に使う方が良いと思われる。北の方が比較的混んでた。
・各パビリオンの店だけ見たいなら、堂々と出口から入れば良い。とりあえず私たちは咎められなかった。(もちろんパビリオンにもよる)
・心配していた飲み物はペットボトルを比較的楽に購入できるので(自販機と対面とがある)、あまり気にしなくて良いと思う。
・やはり空いてる曜日などに行くのが良いかと(要するに平日)。勤め人には難しいけど。

参考サイト:入場者数推移(CHUNICHI WEB PRESS)

★反省★
基本的には満足のいく万博だったが、唯一後悔したのはパビリオンの予約。これを1つしておけばより満足のいく万博になったと思う。

★最後に★
後でわかったことですが、私達が万博に行った日、6/18日は入場者数が171,860人(CHUUNICHI WEB PRESSより)でした。おそらく期間内最高記録ではないかと。そんな中でも、そんなに並ばず、ラッシュにも巻き込まれずに行くことができましたから、そう怖がらずとも良いと思います。
とにかく、Yahoo!等で「万博+α」で検索すればいやというほど情報はでてくるので勉強してください。小ネタをいっぱい仕入れておくのが楽しめるこつなんじゃないでしょうか。そして、自分のスタイルを貫くのが何より一番かと。何時間並んででも良いから有名パビリオンに行きたいという人もいるだろうし、ただ万博の空気を味わえればそれで良いという人もいるだろうし、人それぞれですから。

では、長かった自己満足企画もこれにて終了。お疲れ様でした(→自分)。

-----
※ここは良い情報が入ったら追記します。
※以前の記事も写真などを入れたいと思ったら付け足します。
※全ては気分次第。

ちょいと追記
[PR]
by kage_cha | 2005-06-25 12:18 | 日々の出来事
愛知旅その10 ~家に着くまでが旅行です。~
翌日。

起きたは良いけど足がだるく。とにかく全身がというよりも足がとにかく悲鳴をあげていました。ということで、名古屋の足ツボマッサージで足をマッサージしてもらい、土産を物色し、菓子を買い、手羽先を高島屋のデパ地下で仕入れ、帰路につきました。

で終わりです。

本当はこの日にシャチホコを見に行く予定でした、が金曜日にしておいて本当に良かった。この日にしてたら絶対に、「疲れたから行かない」って言ってたと思います。

さて、後日談。

翌日からばっちり仕事だったわけですが、まず月曜日には会社で受けられるマッサージを受け、火曜日は早々に床に就き、10時間ほど寝たおかげで水曜日くらいからどうにかこうにか辛さからは脱出しました。しかし、木曜日位から喉が痛くなり、鼻がでて、金曜日には寝坊をし(おきたら9時50分)、どうにかこうにか週末にたどり着けたわけです。良かった。今仕事が山積みじゃなくて、と感謝しました。

以上、旅行記は終了。

後はまとめです。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-25 11:24 | 日々の出来事
愛知旅その9 ~帰路。LINIMOのはずがBUSに~
ようやく万博から帰ることに。すでに着いてから12時間は経過しております。

足が疲れていたのでお土産を買いたいという妹を「待ってるから」と行かせ、しばし待つこと数分。

「あんなに待つところ嫌だ~」

と妹が逃げ帰ってきました。やはり日が暮れてからの土産物屋はお勧めしません。土産を買うなら早めに是非とも済ませてください。

という訳で土産は諦めて帰ることに。

事前情報でLINIMOの一つ前の駅まで歩けば座れると知っていた私達。藤ヶ丘方面に乗るなら陶磁資料館南駅だよね、と歩くことに。徒歩15分程度というところでしょうか。少し行けば大きな道路に出ますけど、あまり女性一人ではお勧めしない道でした(万博に一人ってのはほぼありえないとは思うけど)。その道を痛む足をひきずりつつてくてくと歩いていった私達。陶磁資料館が目の前というところで、ふとあることに気付きます(大げさ)。

「何かバスターミナルっぽいね。」
「もしかして名古屋駅行きのバスなんてあったりしてね。」
「どうする?もし名古屋に行けば栄まで4分だよ。」
「そうだよね、そもそもバスなら絶対座れるしね。高速にのるだろうから。」
「あのおじさんに聞いてみようか。」

というような会話を交わしつつ、警備のおじさんに聞くとあっさりあそこの1番乗り場とかは名古屋行きだよ~という返答が。

即、「バスで帰ろう」ということになりました。決断だけは早い2人。

名古屋までのバス料金は1000円。行きは確か700円行かなかったと思うので、そういう意味では割高ですが、確実に座って帰れるというありがたさの前にはそんな数百円の違いなどどうでもよくって。ちなみに、ちょうど混み始めるぎりぎり一歩手前だったようでチケットを買うのにもまったく並ばなくて済んだし、すぐにバスにも乗れました。しかしバスもかなりの数が待機していた様子なので、私達が出て以降も窓から見えた人の数の割にはそう大変ではなかったかもしれません。

ちなみにこのバスターミナルは「東ターミナルバスのりば」と言って、しっかり万博案内マップにも載っていました。事前調査をもう少しするべきでした。しかし運が良いよな私達。

という訳で名古屋までの35分のバスの旅を楽しみ(半分寝てたけど)、名古屋に着いて、地下鉄に乗って、ホテルに帰りました。ちゃんちゃん。

ということで、私達の万博は終わったわけです。

あとはただ只管眠るだけでした。

完全なる自己満足な愛知旅もあと少し。多分あと2つです。10が翌日と後日談で、11がまとめ&情報かな。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-25 02:28 | 日々の出来事
愛知旅その8 ~待ったかいがあった長久手日本館~
ようやく最後のパビリオンです。長かった。

18時近くなったこともあり、あたりも涼しくなってきて。炎天下の待ちはさすがに無理だと判断した私達ですが、最後だし、昼寝して体調も万全だということで、110分待ちの日本館に並ぶことに。

実は2人とも待つための準備は万全だったのです。本にしろ音楽にしろ。ようやくそれを生かす場面がやってきたという訳で。

私はというとその待ちの間、只管本を読んでいました。その本のタイトルは

“殺人症候群(貫井 徳郎)”

、、、、、、、。ネタじゃなんです本当に。名古屋に行く当日、品川の本屋でこの本の文庫版が新刊として平積みされているのを見てつい。ちなみにこの旅の中で私はこの本を読破しました。いや、非常に後味が悪かった(苦笑)。

という訳で本に熱中して妹を放置してしまいはしましたが、おかげで110分なんて時間はあっという間にすぎ、待ちに待った日本館への入場です。150秒のタイムトラベルという動く歩道で移動しながら戦後60年間の日本人の生活を電化製品で見ることができるゾーンも予想外にツボでしたが、やはりこの日本館の目玉は何と言っても地球の部屋でしょう。直径12.8mの球体スクリーンの中に渡された一部床が透明になっているブリッジから見る映像にはただただ感動するのみでした。終わったあと拍手しそうになりましたから。周りもそういう空気でしたけど日本人ですから結局うやむやに。後ろにいた結構ご年配の方がかなり興奮されていたので、年齢関係なく楽しめると思います。いや、これは並んだ甲斐がありました。

日本館を出た時には8時を過ぎ、そろそろ帰ろうかという時間でした。

後は帰るだけです。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-25 00:15 | 日々の出来事
愛知旅その7 ~色々2。わんパク宝島→土産物だけ見たベルギー館~
地球市民村にてしっかりと心身ともにリフレッシュした私達は第二ラウンドを開始しました。

☆わんパク宝島
ここの目的は何はともあれバナナペーパーです。遊びと参加ゾーンなだけあって、バナナペーパーを作ってみようという催しもやってましたが予約が必要でしたので、私達はバナナペーパーを紹介するアニメを見るだけでしたが。メモってないので詳しくは忘れてしまったのですが、バナナの紙ができるまでをハイチの子供達が紹介するというものです。なお、パンフレットが置いてあって、その中にはバナナペーパーも挟んでありました。そこで初めてバナナ紙に触ったのですが。紙としてはかなり質の良いのではないでしょうか。

☆IMTS(北ゲート→EXPOドーム)
妹がどうしても乗ってみたいというので、IMTSに乗ることに。このIMTSは圧縮天然ガスで走る低公害型バスで、3台を電子的に連結し、自動運転で隊列走行しています。実際運転席にはモリゾーがいました(笑)。

☆トルコ館
幾何学模様に惹かれて入りました。土産物屋が大盛況。あの魔よけはちょっと欲しかったな。

☆ドイツ、ベルギー館など(出口から入り土産物屋だけ)
反則技?で。並びたくないけど、土産物くらいはちょっと覗いてみたいということで、出口から堂々と入ってみました。ベルギーワッフルなども売っていて1時間待ちなんて行列が出来ていて皆良く並ぶよなあと早々に諦めた私達はそんな光景をのほほんと眺める感じで。

やった、これで残すところは日本館だけです。そうそう、この4つの中のどこかで早めの晩御飯というかおやつ(たこ焼きだから)を食べてます。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-24 23:48 | 日々の出来事
愛知旅その6 ~地球市民村の間違った利用法~
ある意味正しい利用法(すみません)。

さて、地球市民村について少し。万博開場の北西部、遊びと参加ゾーンにあります。このパビリオンでは
毎月5ユニット6ヶ月で30ユニット、世界のNPO/NGOが集います。活動中の現場スタッフや世界各地の人々に、直接触れて、知る機会です。参加と体験のプログラムを展開します。(地球市民村パンフレットより)
という市民が主役のパビリオンです。

ここで少しお勉強もしておきましょう。

NPO : Non-Profit Organizationの略。民間非営利団体。
NGO : Non-Governmental Organizationの略。民間非政府組織。

つまりは
環境、平和、国際協力など。利潤追求ではなく、社的な使命の実現を目指して活動している団体(地球市民村パンフレットより)
なのです。

2つのゾーンに分かれていまして、出会いのゾーンでは『地球市民としての気づきを提供するテーマ展示や、全体のインフォメーション』を行い、体験と交流ゾーンでは『様々な課題に取り組む参加NPO/NGOが、多彩な展示やプログラムを展開』ということで、体験と交流ゾーンは屋外にあり、これは見ていないのでなんともいえませんが、もしも次に行く機会があれ“トイレ探検館”に行きたいかもしれません。もし行く機会があれば行ってみて下さい。

万博公式サイトの紹介ページはこちら

そろそろ本題に行っても良いでしょうか(失礼だな)。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-24 23:21 | 日々の出来事
愛知旅その5 ~色々。ヨルダン館→中米共同館~
土産物をあさった後の行動

☆ヨルダン館
死海のプールに浮かんだおじさん2人を上から見物(笑)。

私「何だかねえ、何でおじさんを見なきゃ行けないんだろう。」
心の中(どうせなら美人の姉ちゃんなら良かったのに)

妹「どうせなら綺麗なおねえちゃんなら良かったのにね」

さすが我が妹!!

☆キッコロ・ゴンドラ(南→北)
やはりゴンドラに乗っときたくって。600円と高いのだけど。でも万博きっぷを使うことで400円にはなりました。

☆ドミニカ館
実は、バナナペーパー関連の展示はてっきりドミニカ館かと思っていて。行ってみたのです。でも実際はこの後行くワンパク宝島の方でした。

☆中米共同館
ドミニカ館にバナナペーパーがなかったので行ってみた。ごめんなさい。覚えてない。確かクーラーの吹き出し口が出口付近にあって、皆が涼んでいたような記憶があります。

という訳で、とんとんとん、と。進みました。

次は大変お世話になった地球市民村だ~。滞在時間としてはここが一番長かった(笑)。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-24 22:06 | 日々の出来事
こひおち最終話(後) ~相合傘のバカップル~
恋におちたら 最終話 後半(龍太とまり子)

まず、同日のいいともに番宣でやってきた龍太の格好から。
タンクトップという情報を前もって知った上で心してみたのですが。

あれ?意外に平気。

どうしたんだろう、こういうの私あんまり好きじゃなかったはずなのになあ。
と自分の恐ろしい変化に気付いてしまいました。3時頃の番宣は見てません。

さて、最終回のまり子と龍太。長いです。

すでに、もう夫婦にしか見えなくなってしまってることもあり、別にもうわざわざ結婚させなくてもいいじゃんと思ってはいたけれど。先週とあるブログで結婚式のロケを目撃したというネタバレを読んでしまった。以降はどうプロポーズするのかで頭がいっぱい。2話で龍太がやってるから、多分まり子からするんだろうなあと思ったらまさにその通りで。うれしいやら面白いやら。

で、私は一体何を思ったのか台詞を書き出してみることに(バカ)。結構他のところでもやられてるかもしれないけど、まあ良いや。やりたかったから。

☆2話☆
まり子「あ、煮付けあるけど食べる?」
龍太「あ、まり子~」
まり子「じゃーん、おいしそうでしょう」
龍太「結婚しね?」
まり子「ん、誰が?」
龍太「いや、俺達」
まり子「俺達?」
龍太「うん、ほらそうすればさぁ、、」
(中略)
まり子「私龍太のことなんとも思ってないもん」
龍太「うっそー」
まり子「漬物あるけど食べる?」

☆最終話☆
まり子「ねぇ、龍太、煮付けあるけど食べる?」
龍太「うん」
龍太「まり子、お前も幸せになれよ!」
まり子「ねぇ龍太、結婚しない?」
龍太「誰が」
まり子「私達」
龍太「わたし達、達?」
まり子「うん」
龍太「うっそー」
まり子「漬物あるけど食べる?」

完全に対比してつくってある。でも同じシーンだけどやはり間の8話分の蓄積があるからか、2人の親密度が全然違ってて面白かった。まぁ2話のときは龍太が緊張してるっていう設定だったのもあるけど。しかし2話も久しぶりに見直したけど懐かしかった。ちなみにおそらく初回前に赤茶に染めたであろう龍太の髪は、そのまま染め直さずに居たらしく、最終話付近では世に言うプリン状態。まぁ色が色だけにそれほど目立たないけど。見比べると違いがはっきりしていて面白い。

ふう、慣れない事をすると疲れる。

という訳でこれを書いただけで終わりにしたいのですが、、、、。
もつ九のシーンは前半で書いたから(でそれが全てだから)もう良いかな。カレーと刺身のシーンもだからもう夫婦じゃんと思いながら見てましたけど。

うーん。一応結婚式も書いておきますか(笑)。

よく考えてみたら結婚って分かりやすい幸せの象徴だし、かつそもそものタイトルが「恋におちたら」だから一組くらい結婚させなきゃいけなかったのでしょう。でも主役のアイランドとカオリンの結婚はさすがに唐突だし(どうせならラストの5年後にもってきても良かったのに)、それこそ高柳と七海さんは大人の関係だから結婚式させないほうが良いしで。となると2人にその役が回ってきたのは当然といえば当然で。

それにしても。チュウかあ。

実は春のいいともSPでこんなこと(最後の方に)を書いてて(笑)。そのときはまさか結婚するとは思ってなかったのだけど。何だか、今更この年齢になってキスシーンくらいであんなにドキドキするもんだとは。そしてあの披露宴or2次会の演説。何だあのアドリブのような初々しい演説は(笑)。「余談ではありますが、魚には、」の続きを知りたかったです。

忘れちゃいけない。5年後の相合傘のバカップルも最高でした。体の切れが良いから見ていて気持ちが良くって。てっきり子供連れてくると思ったんだけど。そこまでは無理でした。

よし、書きたいこと全部書いたかな。

山本くん、龍太役お疲れ様でした~。面白かったよ。ジェイミーも楽しみにしております。

以上!!すっきりすっきり。
[PR]
by kage_cha | 2005-06-24 21:36 | こひおち